小児矯正や審美歯科で歯の健康維持~いつまでも美しく~

歯科

正しい歯並び

医療器具

歯並びと言うのは1度歪になってしまうとそれに合わせてどんどんと歪んでしまいます。更に、歯は骨の一部となっているが為に、その歪みは輪郭や全身へと広がる事になるのです。

詳細を読む

失った歯を取り戻す

院内

インプラント治療をするときには、歯を固定する治療になります。治療にはいろいろな手順がありそれらについて知っておくといいでしょう。また保険が効かないことや他の方法などについても知っておきましょう。

詳細を読む

快適な治療

歯型

人間の歯と言うのは、神経によって生かされています。神経が栄養を歯に供給している事で、常に健康体を保っているのです。更に、その歯は根本がしっかりと固定されており、神経や様々な細胞が複雑に絡んでいます。

詳細を読む

子どもから正す

治療

日本では傷んだり、欠けたりすれば治療すると言うのが歯に対する治療方針でした。何も問題が無いのに治療をしに行く人はいませんでしたし、歯の見た目に気を使う人も少なかったのです。そのおかげで日本人は歯が汚く、並びも悪く、そして年老いてから自分の歯が残っている本数も少ない民族となっていました。実際、外国と比べてみると60歳以上で自分の歯が残っている本数の理想が20本なのに対して、日本人は15本と少ない結果となりました。それに比べて、海外では歯の残り本数は18~9本と理想にかなり近い数値になっており、どれだけ日本の口内環境が悪化しているかわかります。日本は矯正歯科での治療やインプラント等の治療を行う事が非常に少なくい環境になっています。外国ではこれらの治療は当たり前に行われており、矯正歯科での治療と言うのは子供の時に当然済ませておく身だしなみの1つと言われています。しかし、日本ではそれらを済ませないで大人になっている人も多いです。歯並びを治療しなければ、当然見た目は悪くなります。それ以上に口内環境も悪化し、虫歯にもなりやすくなります。更に、歯の歪みから顎が歪み、輪郭から全身へとその歪みは広がってしまうのです。成長途中の子供であれば、それにも影響してしまう為にしっかりと対処して全身の成長を整える必要もあります。大人になってからでも歯科治療は可能ですし、矯正歯科での治療も進化して近年では非常に快適な矯正治療が可能となっています。また、小児矯正を行なうことも大切になっているのでお子さんがいる場合は、小児矯正の検討もしておくといいでしょう。