小児矯正や審美歯科で歯の健康維持~いつまでも美しく~

歯型

正しい歯並び

医療器具

最初は正しい歯並びだった人も、歯抜けになったり虫歯治療をそのまま放置して欠けてしまっている歯をそのままにする事で全身の歪みは広がります。日本では矯正歯科での治療は子供の治療と言うイメージがありますが、実はこの治療は大人でも行っている人は多いです。しかし、これまで歯科矯正にかかっていた治療は非常に面倒で、痛みがあり審美的にも良くない治療でした。だからこそ、途中で挫折してしまう人も多かったのです。しかし、近年治療はどんどんと進化してきており、これまでの矯正治療にかかっていたデメリットは全て解消されつつあります。そもそも、これまでの治療で不便だった問題は全て矯正治療に利用する器具が原因だったのです。最も利用者が多い治療器具は金属製でワイヤーを利用して歯を固定するタイプでした。これは歯の表面に装着しなければいけない為に、目立つ上に審美性を非常に大きく損ねる物でした。更に、金属やワイヤーが歪み、健康な歯を削ってしまったり、歯茎に食い込む事で悪影響が出たりしてしまっていたのです。見た目を解消したいならば、全て透明のプラスチックで出来ている器具があります。強制力はやや弱くなりますし、壊れやすくなってしまいますが透明の為に付けている時の違和感は軽減されます。また、金属製でなければ治療ができない人がいた場合、歯の表面では無く歯の裏側に装着するタイプの治療器具が存在しています。これを利用すれば、見た目にはさっぱり装着している事がわかりません。しかし、これを行う事によって口内が狭くなり、やや滑舌が悪くなってしまう事がありました。また、歯の裏側に装着している為に非常に歯磨きがし辛くなっており、虫歯になって治療を中断しなければいけなくなる事もあります。人によって矯正歯科での治療で最適な方法と言うのは違います。しかし、近年インプラント技術のように進化した歯科治療の中に、矯正にも新たな治療器具が登場しました。それがマウスピース矯正です。この方法で矯正する事によって、従来の方法で行っていた問題は全てと言える程解決しています。保険適応外となってしまう為にかかっていた費用も、このマウスピースを利用する事によってだいぶ面倒さは軽減されています。