小児矯正や審美歯科で歯の健康維持~いつまでも美しく~

歯型

失った歯を取り戻す

院内

このインプラントは顎の骨を利用して歯を口内に固定すると言う治療です。顎の骨と癒着するチタン金属を利用して、根本が無くなってしまった歯の土台を作ります。それが完成し、しっかりと癒着固定されればそのまま歯のかぶせものをし、完成です。これは審美治療である為に、矯正歯科での治療と同様に保険が効きません。しかし、歯を失った事で様々な不便をし、ブリッジをかけている事で歯茎や歯を傷つけて生活していた人にとっては、非常に良い治療となっています。治療にかかる費用はその医者や利用する人工歯の素材等によって変化しますが、だいたい1本20万円程度かかります。以前まではまだ知名度が無く、インプラント利用者が少なかった為により高額な治療費用が必要となっていました。しかし、細菌では利用者が増加した事で値段も下がり、提供される技術は上がってきています。この治療の構想自体はずっと昔から存在していました。しかし、どうしても動く上に負担が大きな口内に安定して人工歯を固定する事が出来ず、新治療の開発は困難になっていました。けれど、ある時にチタン金属が人間の骨と癒着する事が判明した事により、難航していたインプラント手術の方法は解明され、歯科技術として提供されるようになったのです。これにより、前歯のような目立つ部分の歯を失っていた人も、ブリッジの金属を見せる事無く快適な環境で歯の治療を行う事が出来るようになりました。この治療を利用する人は年々増加してきている為に、これからも利用者は拡大していく事になると予想されています。